2017年9月21日木曜日

Ntちゃんの自画像、進む

木曜日・晴れ

Ntちゃん(小6)、製作中の油絵の続きを行いました。

今日から、イーゼルを使用しての描画です。

Ntちゃんの油絵「バイオリンを弾く自画像(仮称)」、今日は結構 進みました。
画像では判然としませんが、まず衣服の薄ピンク色を明色と影の部分を塗り分けました。
その後、足の藍色やバイオリンや弓の茶色やこげ茶色を塗り、肌色も暗部を加筆しました。
今日の描画で仕上がりの感じが想像できますが、良い雰囲気です。
次回の更なる描き込みが楽しみです。

2017年9月20日水曜日

リコリス咲くアトリエお休み日

水曜日・晴れ
アトリエ定休日

筆者自宅庭で綺麗に咲いた白いリコリス(彼岸花)の花

「 アトリエ、お休み日のお知らせ 」

今週土曜日(9/23)の「秋分の日」より3日間、アトリエはお休みとさせていただきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

* * *

「お知らせ」

本日、「T講師コーナー」をアップしました。
今回は「名作美術館」と「ミュージック・ギャラリー」です。
よろしければ右上タグ(⤴)、クリックしてお立ち寄り下さい。


[ INFORMATION ]

I posted new page today , on Teacher T's corner.
 Included " Masterpiece Museum " , " Music Gallery "
If you interested in these pages,
Please click my tug above right.
Japanese writing are T講師コーナー.
I hope you visit and enjoy there.
Thank you.

By Teacher T.

2017年9月19日火曜日

AY&MaOちゃん作品、祝完成

火曜日・晴れ

前回、体験授業で水彩「人物画」を描いて入会したKOさん、今日はその続きを行いました。


前回、体験授業時の作品。     今回の授業終了後の作品。

新人のKiOさんの初・人物画、今日は前回の状態から更に描き進め、背景の壁面やテーブル・衣装等を加筆しました。
活用のボカシ等の効果もあり、参考のドガの油絵同様の、画面として全体的な3次元的空間を獲得しました。
KiOさん初の本格的な人物画、次回も更に突っ込んで描き進めたいとの事です。
楽しみですね。

* * *

グラフィック的表現を勉強中のChちゃん(小6)、今日はその3日目です。

前回までに背景の色ボカシを終えたChちゃん、今日から人物の中の平塗りを開始しました。
アニメや漫画等のような平面的な色面を描き終え、クレヨンしんちゃんが浮かび上がりました。
このままでも充分に目的は達成されましたが、背景に点在・登場するキャラも追加したいとの事。
次回が最終的仕上げとなりました。
完成、楽しみですね。

* * *

AYちゃん(小2)、「今日はデッサンをやる」と決めていました。

AYちゃんがデッサンに選んだモチーフは、白いウォータージャグ(水差し)で早速 描き出しました。
AYちゃん、これまでにも度々デッサンに挑戦し今作で確か4枚目となり、鉛筆での調子がうまくなりました。
形はと言えば少々いびつになりましたが、そこは味わい深い形となったので、修正を加えず、仕上げました。
AYちゃん、調子の段階(メリハリ)の少ない条件にもかかわらず、最後までしっかり立体化に努めました。
完成おめでとう。

* * *

前回、可愛いメンダコを描いたMaOちゃん(小1)、今日も不思議な生き物を選びました。


Maoちゃんが選んで描いたのは、何と深海に生きる「ダイオウグソクムシ」でした。
筆者の感覚では気味悪い部類に入る生き物の一つですが、何やらキャラ商品も存在しているとのこと。
深海魚が大好きだと言うMaOちゃん。各地の水族館にも足を運んでるとの事でその気持ちが出ました。
水中の2匹のグソク虫の回りには沢山のハートがちりばめられ、ファンタジックな空間が誕生しました。
MaOちゃんの深海魚連作、もちろん虫たちの表情も可愛く仕上がりました。
完成おめでとう。

2017年9月18日月曜日

快晴の「敬老の日」お休み日

「敬老の日」の祝日
月曜日・(台風一過の)快晴・残暑戻る
アトリエ3連休の最終日

今日の大山(市内・上古沢よりの眺望)

祝日にふさわしい久々の快晴となりました。

2017年9月17日日曜日

久々MSさんの油絵 進む

日曜日・台風18号接近由来の雨( その進路と被害が心配です。)

アトリエ3連休の中日。
夏は多忙だったMSさん(以前より予約済み)、久々にキャンバスに向かいました。


左:前回までの画面。      右:母子に調子を加筆。

MSさんの油絵「タヒチの親子(仮称)」。今日は肌にレリーフ状に調子を加筆、立体感を得ました。
MSさん、更に女性の衣服(ムームー)に下地としての朱色(バーミリオン)を丁寧に塗り込めました。
下地色とは言え、この絵の造りの肝とも言え、またその可否を決するほど重要な色彩と厚み・質感です。
御覧のようにその結果は素晴らしく、今回作品のエッセンスがこの1色で出たと言ってもいいでしょう。
次回の続きが楽しみです。

* * *

「フィギュアスケート女子・本田真凛、シニア・デビュー戦、 祝優勝!」

こんな日が来るのを確信して、首を長くして待ってました。
但し、
開催地の米国の専門誌が、その人気ぶりに「ネクスト・アサダ」と絶賛したそうですが・・・。
人気ではなく、その中味は「ニュー・アラカワ(荒川静香)」でしょう。
又は A big new comer or follower appear as ARAKAWA でしょう
正に極上の芸術
(*^-^*)

By T講師

2017年9月15日金曜日

TOさん、卒制新作木版・開始

金曜日・晴れ(夜 雨)

TOさん、美大通信の卒業制作の木版画の摺りにやって来ました。


左:木版画のための原画。        右:本日 行った多色摺り。

今回の摺りはTOさんの卒制・木版画「野鳥」の連作で、「カケス」です。
TOさん、今日は背景の空や山や丘の草地等のそれぞれの色面を快調に摺りました。
厚みのあるインクの層の効果もあり、空気感のある画面を獲得することが出来ました。
次回、主題のカケスが摺られる予定です。
次回の仕上げ摺り、楽しみです。

2017年9月14日木曜日

YYさんの「鳳凰図」祝完成

木曜日・曇り(夜 雨)

2階のアトリエ、久々に大人たちの(静かな)授業がありました。



初めての肉筆画にトライ中のHTさん、続きの描画を行いました。

HTさん、2階アトリエでの描画は初めてです。
中央写真は、前回の下地色の様子。右写真はマスキング後、フロッタ―ジュを施した様子。

HTさん、今日は主題のオニユリとアゲハ蝶、それに背景の空の部分をマスキング・シートでコート。
その後、ドライ・ブラッシュ気味の灰緑色3種の絵具にて、山と草地をフロッタ―ジュしました。
筆の細かい毛先を粗目に画面上に叩き、山の樹木や草地の草の葉を幾重にも重ねて表現しました。
その効果もあって、御覧のような直描きでは出せない偶然性を利用した密度ある質感を得ました。
次回の続きが楽しみです。

* * *

YYさん、前回より始めた背景の星々の描画を行い、長かった製作のいよいよの完成を目指しました。

細かな星々の描写に集中するYYさん。

 YYさんのアレンジ模写「北斎の鳳凰図」(アクリル画)が本日めでたく完成しました。

今日は、大き目の金色の星の仕上げと、奥にある小さな星を銀色絵具で加え、背景部の仕上げとしました。
長期間に渡る製作でしか表現が成し得ない迫力と繊細かつ密度ある想像力を誘う宇宙世界が、誕生しました。
鳳凰の色彩を自由に改変したことに加え、その背景も深い青紺にして金銀の星々を奢ったのも良い発想です。
我が国の伝統的な装飾絵に新たな命が吹き込まれ、ダイナミックかつカノン(規律)ある大宇宙が秀逸です。
 次回、最終的な見直し等を行った後、サイン入れをしてその仕上げとします。
長期にわたる製作が導いた秀作・装飾絵の完成、おめでとうございます。

( YYさん、待望の長期休暇での旅行、楽しんで来てください。)

* * *

RiSちゃん(小6)、前回から始めたシークレット絵(水彩画)の続きを行いました。

RiSちゃん、今日は前回の下地にボカシ調子などを加え、立体的になりました。
細部などを描き込めば仕上がりも目前でしたが、残念ながら時間切れとなりました。
次回の仕上げと、ブログ上でのその作品の公開が楽しみです。

* * *

油絵を製作中のNtちゃん(小6)、続きの作業を行いました。
Ntちゃん、今日は顔や手の肌色を塗り、その後、髪の毛の下地となる濃灰色とバイオリンのこげ茶のパーツを描きました。

更にバイオリンの下地茶色を塗る寸前でしたが、トラブル発生。続きを次回としました。
そのトラブルとは筆洗器の灯油が誤って周囲に飛散し、その片付けに時間を要しました。
RiSちゃんの帽子もその巻き添えとなり筆者が洗剤で何度も洗浄、何とか収拾しました。
片付け、お疲れ様。次回の描画に期待しましょう。

2017年9月13日水曜日

咲き始めたコスモス

水曜日・晴れ
アトリエ定休日

アトリエ背後の丘頂き(その手前ではコスモスの花がチラホラ咲き始めました)


「 アトリエ連休のお知らせ」

16日(今週土曜日)より、来週の18日の「敬老の日」(月曜日)までの3日間、
アトリエはお休みとさせていただきます。
( *注:既に予約されている方は、その限りに非ず。)
どうぞ、よろしくお願いいたします。

* * *

「お知らせ」

本日、「T講師コーナー」をアップしました。
今回は「名作美術館」「ミュージック・ギャラリー」等です。
よろしければ右上タグ(⤴)、クリックしてお立ち寄り下さい。


[ INFORMATION ]

I posted new page today , on Teacher T's corner.
 Included " Masterpiece Museum " , " Music Gallery " and the others.

If you interested in these pages,
Please click my tug above right.⤴
Japanese writing are T講師コーナー.
I hope you visit and enjoy there.
Thank you.

By Teacher T.

2017年9月12日火曜日

新人Oさんの初人物水彩画

火曜日・曇り (一時 強雨)

「Oさんの体験授業」

以前より水彩画を楽しんでいたと言うOさん、体験授業に訪れました。
これまでは風景や静物を描いていたとの事ですが、今日は初の人物画に挑戦しました。

Oさん、初人物画の題材にルノアールの少女像を選び、早速その手ほどきを受けました。
人物を描くのに必須な「色を調子として見る」と言うことを主眼に、少女が描かれました。
少女の顔や手を立体化する際に、下地や中間色などを基にして片ボカシ等が加えられました。
Oさん、その効果で柔らかな調子の少女の姿(特に顔や手)を獲得することが出来ました。
少女の衣装など、その他の部分は滲みボカシにて淡彩仕上げとしました。
Oさん、体験後、入会することとなり仕上げを続けることになりました。
次回の最終仕上げが楽しみです。

* * *

Chちゃん(小6)、前回から始めたイラストの続きの作業を行いました。
今作の主旨は、背景の滲みボカシと、人物の不透明なベタ塗りを行うことです。

前回の線描画にアトリエ所有のマスキング・フィルムで、人物上をコーティング・カットしました。

Chちゃん、その後、背景部に速度感のある滲みボカシを加えました。
背景部完成。右画像は人物部のマスキング・フィルムを剥がした後です。

Chちゃん、その後、人物の彩色を開始。不透明な絵具でしっかりベタ塗りを施しました。
これにてChちゃんがその描法に不思議がった絵の、その製作方法が解明できました。
次回、その仕上げをする予定です。
楽しみですね。
( 骨折治療中の左指、お大事に。)

2017年9月11日月曜日

お休み日の庭仕事

月曜日・晴れ
アトリエ定休日

 昨日・日曜日も授業なく、お休みでした。
筆者、放置気味な自宅庭の芝刈りや雑草取りを久々に行いました。

草丈まだ長くも、久々に綺麗になった芝生部分(庭木や花壇は未着手)

蓮池の花(その開花、今年最後かも)

来年こそは気分よく庭食事が楽しめるよう、頑張ります。
∧ ∧
c(*^-^*)o
( ネコではありません。鬼が笑ってるんです!)

2017年9月9日土曜日

Yum&Tちゃん2人の傑作誕生

土曜日・晴れ

前回から新作・応募絵を開始したYumちゃん(小2)、2コマ授業でその仕上げに取りかかりました。



Yumちゃんの応募絵「富士山」が、本日めでたく完成しました。
富士山そのものが主題の絵、春の桜の季節に和む一家の幸せそうな光景が目映い作品となりました。
花見をする来春の幸せいっぱいなYumちゃん家族が、一足先にその様子が見事に描かれました。
味わい深い花見中の一家団欒の様子、説明不要な吉祥図です。入選となれば更にめでたいですね。
部分拡大図、周囲の桜のヒラヒラ花びらがハートに見えるのも良い感じですね。
完成おめでとう。

* * *

「Kさん親子の体験授業」

Kさん親子、遠方より体験授業に訪れました。

仲良く それぞれの制作に集中するKさん親子

まずはお母さんのKさん、木版画の描刻を行い、そのモチーフのウズラの姿を出現させました。
巣の中の卵や周囲のヤブも良い雰囲気ですが、摺りには至らず、続きを自宅でとなりました。
木版に適した絵心とその図柄、その完成が楽しみですね。

* * *

娘さんのTちゃん(小3)、水彩で好きな動物を描くことになり、ネコちゃんを選びました。

Tちゃん、鉛筆で線描、彩色の前に灰色絵具でボカシの調子を施し、更に目を黒く描き加えました。
モノクロ・デッサンとでも言えるTちゃん作品、その完成度も高いので本格彩色前に撮影しました。

Tちゃん、指導の筆者からボカシや除け塗り・重ね塗り等の手ほどきを受け、御覧の見事な作品が完成。
その凛とした活き活きとした瞳、柔らかそうな毛、御覧のような愛らしい美人ネコちゃんが誕生しました。
大人には描けない作意的ではない可愛らしさは、正にお宝と呼ぶに相応しいものです。
慣れぬ環境で緊張気味だったTちゃん、お疲れ様、そして完成おめでとう。
是非 額装して、今度はその鑑賞を日常の中で大いに楽しんで下さいね。
きっと幸せな日々が送れますよ。



アトリエ冥利に尽きる秋の1日となりました。